エリアで探す
新橋・浜松町・田町
料理で探す
選ぶ
こだわりで探す
選ぶ

東京都・新橋・浜松町・田町のおすすめグルメ情報 20選

モリガンズ (Mulligan’s)

3,000円(通常平均)3,500円(宴会平均)950円(ランチ平均)
居酒屋 バー アイリッシュパブ
Retty 口コミ by 180921
3.0
神谷町に昔からあるパブ・モリガンズでランチ(1200円)。アメリカンスタイルのハンバーガーが食べられます。コーヒー付きでお代わり自由。こっちもアメリカンスタイル。でも一応アイリッシュパブということになっております。 ハンバーガー以外にサンドイッチもあり、エスニックなカレーもあるという、多国籍な感じが各国から移民が来ているイギリスっぽいと言えばそうだが、真にイギリス風だと思うのはギネスとフィッシュアンドチップスぐらいで、ピザもパスタもある。ナチョスやワカモレもある。どう考えてもアメリカンだろと思うが、日本風でないカレーもあり、この辺だけちょっとイギリス(はカレーは美味い。インド植民地にしてたから)。 要するにミックスカルチャーなのだが、サイズはどれも大ぶりなので、日本ははずされてる感じだ。オーナーがどこの国の人なのかは知らないが、私が今回行った時にサービスしてくれた人はアーリア系だった。ただ、店内には今どき見なくなった万国旗が飾られて、インターナショナルであることを主張しており、「万国旗=インターナショナル」って発想だけに日本を感じた。 関係ないけど万国旗って旗の種類に偏りあるよね。そろそろ万国旗のあり方も考えた方がいいと思った今回の訪問であった。 お客さんもぱっと見外国人風外見が多く、英語も飛び交っている。メニューは英語の方が幅を利かせているが、日本語表記もある。そう、あくまで日本語はサブ。食べてて「テーブルチップ置かなくていいのかな」と思っちゃったけど、チップ置かなくていいです、テーブル担当者いないから。 すごく昔からあるお店のような気がしていたが、まだ10年ちょっとしか営業してないんだって。意外。前も同じようなお店だったから、経営者が変わったのかな。ダーツもあり、大型スクリーンもあり、パーティルームもありで、夜はスポーツ中継がされており、大勢でワイワイやるのに向くし、女性より男性向き。夜はうるさくてマッチョな雰囲気が満ち溢れているので、女性の一人飲みは向かないかもね。友達と行くべし。

水炊き・焼鳥・鶏餃子とりいちず新橋SL広場店

2,200円(通常平均)3,000円(宴会平均)550円(ランチ平均)
居酒屋 和食 焼き鳥

くいもの屋わん 新橋店

2,800円(通常平均)3,400円(宴会平均)
居酒屋 個室

地頭鶏黒焼×鍋料理和食居酒屋 とり縁新橋店

3,000円(通常平均)3,500円(宴会平均)900円(ランチ平均)
居酒屋 個室

九州熱中屋 新橋LIVE

3,500円(通常平均)3,980円(宴会平均)
居酒屋 個室

九州熱中屋 新橋赤煉瓦通りLIVE

3,500円(通常平均)3,480円(宴会平均)
中華 居酒屋 個室 餃子

くろきん 新橋本店

3,500円(通常平均)3,500円(宴会平均)3,000円(ランチ平均)
居酒屋 個室

和っちゃんや

3,500円(通常平均)3,500円(宴会平均)
居酒屋 個室 魚介 海鮮

博多野菜巻き・博多料理・鍋の店すみれ家新橋店

3,000円◆博多名物の野菜巻き5種の食べ飲み放題⇒3,000円◆
個室 宴会 焼き鳥 野菜 デート 食べ放題 女子会 誕生日 記念日 地鶏 巻き

さまざまな飲食店に都心で働く人々が集まるグルメスポット

サラリーマンの街のイメージが強い新橋。新橋や銀座、汐留といったオフィス街の側面が強く、駅周辺は都心で働く男女が行き交う繁華街となっています。開放的な店が多く、仕事帰りに気楽にちょっと立ち寄って、といった使い方ができる店が多いのも特徴で、気のおけない仲間とのひとときを楽しむのにはぴったりのエリアです。
ウイング新橋やカレッタ汐留、Pedi汐留などの商業ビル施設も多く、アフターファイブの憩いの場となる飲食店街が集まっています。
ウイング新橋は、JR新橋駅の正面側にあるショッピングモール。ジャンルを問わず和洋中のレストランが入っています。カレッタ汐留は、東京湾に面したオシャレスポット。眺望も良く、東京タワー、スカイツリー(R)なども眺めることができ、夜景を見ながらグルメを楽しむこともできます。ゆりかもめの汐留駅に面したPedi汐留もたくさんのレストランが入った人気施設です。

東京観光のハブでもあるビジネス街・浜松町エリア

羽田空港からモノレール一本で移動できる浜松町。駅間近には東京タワーがあり、「旧芝離宮恩賜庭園」「浜離宮恩賜庭園」「増上寺」などの人気の観光スポットにも行きやすく、さらに東京湾にもすぐにいけるので、クルージングや屋形船などの船遊びをするのにもアクセスしやすいことから、東京観光の玄関口のひとつともいえる駅です。
銀座や新橋などと隣接した巨大ビジネス街としての側面も強く、近隣で働く男女の胃袋を満たすランチやディナーなどの飲食店が軒を連ねています。
ビジネスパーソンも観光客も行き交うエリアということで、実は隠れたグルメ激戦区といっても過言ではないこだわりの人気店が揃っています。
都会の隠れた名店と言えるお店や個性的な居酒屋が多いのが特徴で、お酒の種類や特定の食材にこだわったマニアックなこだわりのグルメを楽しむことができます。

三田と芝浦、ふたつの異なる魅力が楽しめる田町エリア

銀座・新橋などの大人気の商業エリアに気軽にいけるエリアとして田町は都会で暮らしたい人には見逃せない街。駅の北側の三田エリアと南側の芝浦。雰囲気の異なるふたつのゾーンを楽しめます。
三田は大手企業のオフィスが並び、慶應義塾大学の三田キャンパスもあるので、働く人も学生も賑わう賑やかな雰囲気です。田町三田といえば一見スタイリッシュな都会のイメージですが、田町駅から慶應大学まで続く道には下町情緒あふれる古き良き商店街が広がっていて、ラーメン屋、中華、焼き鳥屋、飲み屋など気軽に立ち寄れる下町グルメの楽しみが待っています。東京タワーを間近に臨みながら歩く商店街の景観はある意味ですごく日本的な、東京の醍醐味を味わえる場所といってもいいかもしれません。
一方で、南側の芝浦になると一転して再開発されたウォーターフロントの住宅街「芝浦アイランド」に代表される洗練されて都会的な景観が広がっています。大型スーパーやスポーツ施設、公園、病院などの施設が整う都心で暮らしたいファミリー向けのエリアです。