エリアで探す
福島県
料理で探す
選ぶ
こだわりで探す
選ぶ

福島県のおすすめグルメ情報 20選

ワインブティック&ベーカリーカフェミディ

1,000円(通常平均)1,000円(ランチ平均)
カフェ サンドイッチ パン屋

サンマルクカフェ イオンモールいわき小名浜店

500円(通常平均)500円(ランチ平均)
カフェ スイーツ サンドイッチ パン屋

浜焼太郎 いわき店

2,500円(通常平均)2,500円(宴会平均)
和食 魚介 海鮮

アミューズメントバーVEGAS

2,000円(通常平均)2,000円(宴会平均)
宴会 カラオケ ダーツバー ファミレス ファーストフード

サイゼリヤ イトーヨーカドー郡山店

750円(通常平均)750円(ランチ平均)
イタリアン フレンチ イタリア料理 ファミレス ファーストフード

サイゼリヤ イオンモールいわき小名浜店

750円(通常平均)750円(ランチ平均)
イタリアン フレンチ イタリア料理 ファミレス ファーストフード

福島県の概要

東北地方に位置する県。日本海側の「会津」と太平洋側の「中通り」「浜通り」で文化や気候などに大きな違いが見られます。例えば会津地方は大変雪深い地域ですが、それ以外の地域ではあまり雪は降りません。ただ、中通りの福島市の一部は豪雪地帯に指定されています。そんな雪深い地域も、夏はフェーン現象のため暑くなることがあります。言葉は大きく分けて福島弁(中通り方言)、会津弁、浜通り方言の3つに分かれます。 1991年より「うつくしま、ふくしま」のキャッチコピーを使用しています。マスコットキャラクターは第50回ふくしま国体のキャラクター「キビタン」です。 水稲は県の全域で作られており、福島市、伊達エリアの桃やいわき市のカツオが有名です。郡山市の養殖鯉は全国1位の出荷量を誇っています。電子機器関連の工場が多く存在します。 2013年には大河ドラマ「八重の桜」の舞台となり、観光客が訪れました。2020年の朝の連続テレビ小説「エール」では主人公のモデルが福島市出身の作曲家「古関裕而」となっていて、福島県が再び注目を浴びています。

福島県の観光

福島市観光農園協会に加盟する16軒の農園でさくらんぼ狩りができます。6月中旬には大粒の佐藤錦を味わうことができますよ。 猪苗代町にある「達沢不動滝」は滝に不動尊を祀っています。いなわしろ新八景の第二番に数えられる美しい滝です。いなわしろ新八景第五番には「天神浜」が。厳しい冬の時期、天神浜から南側の林を抜けて長瀬川の河口に向かったところに、自然が作る氷の彫刻『しぶき氷』を見ることができます。 「磐梯吾妻スカイライン」は日本の道100選にも選ばれるパノラマコース。福島市西の高湯温泉から土湯峠へ吾妻の山並みが楽しめます。作家井上靖命名の『吾妻八景』が最大の見所です。紅葉の時期は赤やオレンジ、黄色の絨毯が広がります。 いわき市の国宝「白水阿弥陀堂」は、平安時代、岩城則道公の妻徳尼が夫の供養のために建立したと言われる阿弥陀堂建築です。屋根が美しい曲線を描いて優美な美しさをたたえています。7月中旬から9月初めにかけては池の『古代ハス』が美しい花を咲かせ、より一層見る人を楽しませてくれます。

福島県のグルメ

「こづゆ」は会津の郷土料理の代表格。ホタテの貝柱のだしに里芋やこんにゃく、椎茸、豆麩、人参、キクラゲなどが入ったお吸い物です。正月などに家庭で提供されるおもてなし料理でもあります。「あんこうのドブ汁」はいわき市でよく食べられている鍋。あんこうの肝と味噌を鍋で炒めてから汁を注ぎ、湯通ししたあんこうの身や皮などを入れて野菜を煮込んでいただきます。「いかにんじん」はもともと、秋の終わりから冬にかけて保存食として作られていたものが、家庭の正月料理としての定番になりました。スルメと人参を細く切って醤油や酒に漬け込みます。シンプルですが後引く美味しさです。「わっぱめし」は炊き上げたご飯を丸い形をした弁当箱『わっぱ』に詰め、鮭やイクラ、山菜などを乗せて蒸し上げた料理。身欠きニシンを山椒の新芽とともにつけたのが「ニシンの山椒漬け」。タラを乾燥させた「棒タラ料理」もよく食べられています。棒ダラをじっくりと水で戻し、鮭や醤油、砂糖、みりんなどで数時間煮たもので、骨まで軟らかく、ほろほろとほどけます。福島駅近くの「郷土料理 いろり庵」や「会津郷土料理 楽」などで味わうことができます。 福島県のグルメといえば、「メヒコ いわきフラミンゴ館」は一度訪れてほしいスポット。店内で飼われているフラミンゴを見ながら食事ができます。カニピラフが絶品です。