エリアで探す
長崎県
料理で探す
選ぶ
こだわりで探す
選ぶ

長崎県のおすすめグルメ情報 20選

長崎県の概要

■激動の歴史を持つ長崎県の観光地、大人気のテーマパーク・ハウステンボスも!■ 周囲を海で囲まれ、大小1000近くの島を有する長崎県。江戸の鎖国時代には外国に向けて唯一開かれていた海の玄関口であり、諸文化と日本のふれ会いや衝突の場所として独特の観光スポットをたくさん有しています。 「グラバー園」は、江戸末期から明治初期の外国人居留地の雰囲気を今に伝える歴史の風情あふれる場所。世界遺産となっている旧グラバー住宅、旧リンガー住宅、長崎市内に点在していた6棟の洋風建築物を移築して外国人の居留地テーマパークとして再現しています。近隣にある「オランダ坂」と呼ばれる異国情緒あふれるエリアもあります。当時の人は西洋=オランダと言うイメージが強く、西洋人が通る坂ということでオランダ坂と呼ばれたのだとか。 そして長崎の観光地といえば、誰もがあげるであろう佐世保市の「ハウステンボス」があります。約152万平方メートルと言う敷地面積は日本のテーマパークとしては最大規模。みんな大好き恐竜アトラクション、アスレチックが楽しめるアドベンチャーパーク、主にヨーロッパの伝統美術を展示した四つの壮麗な美術館など、1日では到底遊びきれないエンターテインメントがぎゅうぎゅうに詰まったテーマパークです。夜は世界最大規模のイルミネーション「光の王国」でロマンチックなひとときを。 長崎といえば、第二次大戦で原爆を落とされた都市のひとつ。「平和公園」と「長崎原爆資料館」には毎年多くの人が訪れ、平和を祈願しています。

長崎県の観光

■長崎県の人気観光スポット、稲佐山、軍艦島に足を伸ばそう■ 長崎を訪れたなら、一度は観ておきたいのがランドマーク「稲佐山」の展望台から見る夜景です。モナコ・香港と並び「世界新三大夜景」であり、神戸・札幌に並び「日本新三大夜景」にも選ばれた「1000万ドルの夜景」。展望台の床には無数の照明が散りばめられており、まるで夜景の中に浮かび上がっているような幻想的な時間を楽しむことができますよ。 長崎といえば、その奇妙な景観から人気の高い「軍艦島」こと「端島」も大変有名ですね。海底炭鉱の採掘のために作られた場所で、最盛期には5300人が暮らし、集合住宅や各種商店、映画館、パチンコ屋まで揃っていたそうです。時代の流れで石炭が廃れ、1975年に完全に無人となりました。後に、遠目に軍艦のように見えるインパクトあるビジュアルと荒涼感が廃墟マニアを引きつけて、周遊クルージングや上陸ツアーなどが人気になりました。「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産にも登録されている観光スポットです。 軍艦島は上陸制限が厳しく、なかなか見学に回るのも大変ですが、近くにある「池島」と言う廃墟島では比較的自由に島内を散策することができます。炭鉱内を見学することもできるので、炭鉱時代の暮らしぶりやリアルを感じるにはおすすめの場所と言えるでしょう。

長崎県のグルメ

■文化文明の出会いが育てた長崎県のグルメを堪能しよう■ 文化文明の出会い、衝突の最前線だった長崎には、和洋折衷の独特のグルメの伝統が息づいています。 筆頭に挙げられるのは、長崎のご馳走の代名詞「卓袱(しっぽく)料理」。中国や西洋のコース料理に和の伝統を織り混ぜており挙げられた宴席料理です。最初に「おひれ」と呼ばれるお吸い物が提供された後は、中華料理のように丸いテーブルに大皿を用意して、皆で取り分けて食べるのが一般的です。いわゆる「ご馳走」なのでメニューは料理人によってさまざま。中華風に提供される和風料理というちょっと不思議な体験を楽しんでください。 長崎の料理はこのように和洋中華といろいろな要素が組み合わされたものが多く、「トルコライス」もそのひとつでしょう。ピラフ、スパゲッティ、ポークカツが一皿に乗っている料理でデミグラソースやカレーを添えていただきます。このようにトルコ料理とは全く関わりのなさそうな料理で、なぜこの名前がついているのかは謎となっているのだそうです。 佐世保の誇る「レモンステーキ」も伝統的なご当地グルメとして有名ですね。アメリカ軍の影響で流行ったステーキを日本人流にアレンジしてレモン醤油で食べるようにしたのが発祥とされています。 このように長崎のグルメは非常に日本人的な感覚というか、いわゆる「洋食」的なアプローチで考えられたものが多く、日本人であればどことなく懐かしく感じる味わいが多いです。 麺党の方々にとっては、長崎グルメといえばもちろん「長崎ちゃんぽん」「長崎皿うどん」でしょう。ガラととんこつの合わせスープにたっぷり野菜、ストレートの食べ応えのある麺、あまりにメジャーになったため、今や日本中どこでも食べられると言っても過言ではない長崎ちゃんぽんですが、本場にいったらぜひ食べておきたい王道麺類ですね。