エリアで探す
香川県
料理で探す
選ぶ
こだわりで探す
選ぶ

香川県のおすすめグルメ情報 20選

全席個室居酒屋 チーズリゾート高松瓦町店

3,000円(通常平均)3,000円(宴会平均)1,500円(ランチ平均)
居酒屋 個室

ヤキブタ酒場大門屋

2200円
焼肉 もつ焼き 日本酒 食べ放題 ビール ライオン

食べ放題焼肉どらごん

2980円~
個室 焼肉 宴会 食べ放題 歓迎会 記念日 BBQ

和洋酒彩のんのん

2000円~3000円のご予算となっております。
ワイン ランチ 日本酒 焼酎 県外

肉力JAPAN楽椿らくちん

4000円
焼肉 ワイン 宴会 食べ放題 女子会 接待 和牛 誕生日 記念日 新年会 築港 オリーブ

宵酔居酒屋ぶっきぃ

通常3000円宴会3500円(2H飲放8品3500円~+500円で3Hに♪)
個室 宴会 食べ放題 女子会 コスパ 忘年会 座敷 隠れ家 トキ

香川県の概要

■こんぴらさんに代表される香川のパワースポット神社に注目!■ 香川県は四国の北東部に位置し、日本一面積の小さな県ですが、訪れたい場所満載、食べたいグルメもたくさんです。 近年よく知られる「うどん県」などはもちろん、日本国内で知られる「金刀比羅宮」や「栗林公園」、瀬戸内海の魅力がたっぷり詰まったエリアです。 琴平町にある「金刀比羅宮」は古くから「さぬきのこんぴらさん」として知られ、全国に600もある「金刀比羅神社」「琴平神社」の総本部です。御本宮までは785段、奥社まで行くと合計1368段の石段を登らねばならず、その途中で二層入母屋造・瓦葺の大門や金刀比羅宮と縁故があるため、唯一営業を許可されている飴屋「五人百姓」、重要文化財「書院」などさまざまな見所があります。 こんぴらさんとはまったく規模が異なりますが、瀬戸内海に浮かぶとても小さな島に置かれた「津嶋神社」も人気の高いパワースポットです。子どもたちの健康と成長を司る神が祀られており、毎年8月4、5日、大祭のたった二日間だけ島への橋がかけられるため、多くの家族や将来を誓ったカップルがこの神社を訪れます。 また四国八十八ヶ所霊場の八十八番「大窪寺」も人気の高いスポットで、お遍路さんはここを目指して四国を歩きます。門の前には香川名物の「讃岐うどん」を食べられるお店もあります。 香川県では「讃岐生まれの空海が中国より伝えた饂飩という食べ物が、やがて讃岐うどんと呼ばれるようになった」とされており、この地では空海ゆかりの寺社を巡るお遍路さんに昔から決まって「讃岐うどん」をふるまってきた歴史があるようです。

香川県の観光

■讃岐うどんに代表される香川のグルメを食べ尽くそう■ 香川グルメの代表格といえば言わずと知れた「讃岐うどん」。2011年に始まった「うどん県」という名前を使ったプロモーションで話題になり、全国的に香川=讃岐うどんというイメージが定着しました。一世帯あたりのうどん消費量が全国平均の二倍と日本一であり、地元民にも深く根付いているまさに愛されるソウルフードといえます。1970年代から始まった讃岐うどんの認知は、続く80年代、90年代、そして2000年代と繰り返しブームが起き、全国区のグルメとして広がっていきました。中でも本場の香川では、本物の讃岐うどんが食べられるとして、訪れた人で一食も食べて行かない人はおそらくいないのではないのでしょうか。 もちろん香川のご当地グルメはうどんだけにあらず。特に知られているのは「骨付鳥」です。香川の丸亀市発祥のグルメで、鳥の骨付もも肉に塩胡椒、スパイスで味付けしてオーブンで焼き上げた逸品です。外パリパリ中はジューシィな絶品料理です。 次に有名なのは「かっしゃ焼」です。たこ焼きのようにまん丸の形をした粉物グルメですが、中に入ってるのはタコではなく鶏肉。タコが鶏肉に変わっただけといえばそれだけですが、風味がまったく変化して新鮮な美味しさに驚くでしょう。 うどんだけにあらず、と言いながらうどんを使った料理ですが、ごはんになんと刻んだうどんを混ぜてたくあんなどと一緒にチャーハンにしたという禁断のグルメ「ぴっぴ飯」があります。だしはもちろんうどんのダシ。冷蔵庫の有り合わせの食材から生まれたという地元のグルメですが、やはり香川でしか食べられない独特の美味しさがある料理です。 「讃岐うどん」のご先祖にあたるという「小豆島そうめん」も是非味わってみたい地元の味。普通のそうめんでは楽しめない喉越しとモチモチ感が両立した食感をぜひ楽しんでください。

香川県のグルメ

■香川には他にも楽しい場所がいっぱいです■ 「こんぴらさん」「讃岐うどん」以外にもたくさんの魅力がある香川。 絶対に訪れてほしい場所のひとつが国の特別名勝にも指定されている「栗林公園」です。江戸初期に造園された廻遊式の大名庭園です。六つの池、十三の築山が配されて、和の心を盛り込んだ南庭と洋の意匠華開く北庭があります。 日の出と共に開園されるので、幻想的な朝靄に包まれた庭園内を散策することもできますよ。 地元の毛色の変わった旅を楽しみたいなら栗林公園のある高松からフェリーで気軽に楽しめる船旅「鬼ヶ島大洞窟」へ冒険に出かけるのはいかがでしょうか。船旅の先にある「女木島」は桃太郎伝説の「鬼ヶ島」のモデルといわれる説があり、地元の郷土史家が見つけた迷路状の洞窟に鬼や桃太郎一行の人形が展示されて、鬼退治気分を楽しむことができます。SNSの投稿ネタにもぴったりですね。 ロマンチックなデートを楽しみたいカップルにおすすめなのが小豆島にある天使の散歩道「エンジェルロード」。午前中と午後の一日に二回、干潮時に海の中から砂の道があらわれます。大切な人と手をつないで渡ってみてください。道の真ん中で天使が舞い降りてふたりの願いを叶えてくれるのだとか。手前の「弁天島」にある「約束の丘展望台」では幸せの鐘を鳴らすイベントを楽しむこともできますよ。 ご利益のあるパワースポットを探しているなら、琴弾公園内の「銭形砂絵」をチェック。東西122m、南北90m、周囲345mもある巨大な砂絵の「寛永通宝」です。この砂絵を見た人にはなんと一生お金に不自由しないというご利益が! 実際にそんなご利益があるかどうかはわかりませんが、展望台から眺める砂絵の雄大さは思い出に大きな財産を残してくれるはず。