エリアで探す
京都府
料理で探す
洋食
こだわりで探す
選ぶ

京都府・洋食のおすすめグルメ情報 20選

松阪牛What’s

8,000円(通常平均)8,000円(宴会平均)2,500円(ランチ平均)
個室 ホルモン 焼肉 鉄板焼き ステーキ 洋食 西洋

グリル浜井

ランチ: ~¥999
洋食 レストラン グリル

Food&BarMONAMI

ランチ: ~¥999 通常: ¥1,000~¥1,999
バー 洋食 イタリアン フード FOOD Mon

キッチン・ゴン西陣店

ランチ: ~¥999 通常: ¥1,000~¥1,999
洋食 オムライス とんかつ 西陣 城前

麒麟亭

ランチ: ¥1,000~¥1,999
洋食 すき焼き 麒麟

辰五郎

ランチ: ¥1,000~¥1,999 通常: ¥1,000~¥1,999
ステーキ 洋食 ハンバーグ

カフェレストランラベンダー

ランチ: ¥1,000~¥1,999 通常: ¥1,000~¥1,999
バイキング 洋食 カフェ 和食 レストラン ラベンダー

和洋居酒屋厨房ながの

通常: ¥4,000~¥4,999
居酒屋 洋食 ダイニングバー 和洋 厨房

昭和の洋食弥生

ランチ: ~¥999 通常: ¥3,000~¥3,999
居酒屋 洋食 オムライス 弥生

洋食彩酒アンプリュス

ランチ: ¥1,000~¥1,999 通常: ¥3,000~¥3,999
洋食 フレンチ 食彩 plus アンプリュス

プチポワ

ランチ: ¥1,000~¥1,999
洋食 パスタ PETITS POIS プチポワ

オオモリ

ランチ: ~¥999
洋食 定食 食堂 喫茶店 オオモリ

アララ

ランチ: ¥1,000~¥1,999
洋食 撮影 アララ

六地蔵TSUNAGUツナグ

2,500円(通常平均)4,000円(宴会平均)700円(ランチ平均)
居酒屋 個室 洋食 西洋 チーズフォンデュ

レストラン百花園

ランチ: ~¥999 通常: ¥1,000~¥1,999
洋食 レストラン 百花 石清水

牛角 福知山店

3,200円(通常平均)3,500円(宴会平均)3,000円(ランチ平均)
個室 ホルモン 焼肉 鉄板焼き ステーキ 洋食 西洋

京都府の概要

かつて日本の中心だった京都符。北部は日本海に面していて、府の面積の75%以上が山地・丘陵地をしめるという大変起伏に富んだ地形が特徴です。「京の都」と言われるだけあって歴史的な遺跡や建物がたくさんあり、銀閣寺や金閣寺、清水寺など修学旅行の定番となっています。日本国内のみならず、世界中で知られており、世界各国から観光客が押し寄せます。 京都府内の市別人口は、府庁所在地である京都市に人口の半数以上が集中しています。京都市内は路線バス網が張り巡らされていて便利です。産業は観光業に加え、農業も盛んです。特に京野菜と呼ばれる独自の野菜が人気。辛味大根、聖護院かぶ、壬生菜、丹波栗、えびいもなど、他の都道府県では見られない珍しい品種があります。その中でも「ブランド京野菜」は、京都府や京都農協中央会などが認定した野菜や果物のブランドです。すぐれた品質や環境に配慮した生産方法に取り組んでいるものが認定されています。

京都府の観光

千年の歴史を持つ京都は、見所がいっぱいです。春夏秋冬、どの季節に訪れても楽しめます。春には桜が咲き乱れ、歴史のある建物と一緒に見ることができます。京都御苑のしだれ桜「糸桜」や、哲学の道の「関雪桜」などはいかがでしょう。夏は盆地なのでとても暑くなります。そんな時は夕涼みと洒落込みましょう。嵐山の鵜飼はかつて平安貴族も楽しんだ雅な行事。屋形船から見るとさらに楽しめます。鴨川は京都人の憩いの場です。9月末まで鴨川納涼床が行われ、夜になると提灯に灯りがともされて情緒がありますよ。カップルや仲間同士で語らう光景を味わってみては。 秋は紅葉やが美しい貴船神社や東寺、梅小路公園など。ライトアップが行われるところもあるので夜でも楽しめます。そして冬は石庭巡りのベストシーズン。花や紅葉などの彩りがない季節だから、モノトーンの世界をじっくりと味わうことができるんです。大徳寺唐門や妙_心寺玉鳳院、泉涌寺雲龍院など、普段は非公開の文化財が特別公開される時期もあります。穏やかに禅の心を感じてみませんか。

京都府のグルメ

京都はおいしいものもたくさん。『一銭洋食(いっせんようしょく)』は水で溶いた小麦粉にネギなどを乗せて焼いた鉄板料理で、お好み焼きのルーツとも言われています。なぜ洋食なのかというと、大正時代の当時はウスターソースや小麦粉などがエキゾチックな食材とされていたため。駄菓子屋などで一銭で売られていて、子供達に親しまれていました。現在は「壹錢洋食祇園本店」などで食べることができます。 京都の代名詞ともされている『湯豆腐』。お寺の精進料理から始まった湯豆腐は江戸時代に町衆の間で人気になり、今では冬の京都ではなくてはならない料理となりました。名店もたくさんありますが、「豆屋源蔵」の自家製お椀豆腐はなめらかな口当たりが絶品です。付け合わせの食材も旬のものを使っていて楽しめます。寛永12年創業の「総本家湯豆腐奥丹沢清水」は大豆の旨味が濃い昔ながらの豆腐が特長です。最初は是非何もつけずにどうぞ。ゆったりとお庭を眺めながら味わえます。 夏の京都ではちょっと奮発して鱧料理の「堺萬」や「京料理二傳」はいかがでしょう。最近ブームのかき氷も見逃せません。生搾りフルーツのかき氷が味わえる「page one」、はちみつ入りの自家製蜜が絶品の「中村軒」などがオススメ。カフェメニューならモーニングメニューを是非。「イノダコーヒ」で定番なのが『朝の定食』。コーヒーとクロワッサンのセットにたっぷり野菜のサラダは一度味わってみる価値ありです。「京雑炊ハルハウス」は看護師の資格を持つ店主が提供してくれる栄養たっぷりの京雑炊を。野菜やアミエビなどの具材が優しい味わいを醸し出しています。テレビで紹介されたり雑誌に載ったりと話題なのが京都のタマゴサンド。一般的なものと違い、厚焼き玉子が挟んであるのが特徴です。二条城近くの「喫茶マドラグ」はふわふわの玉子焼きが挟んであって人気。「Fruit&cafe HOSOKAWA 下鴨本店」は2昭和3年創業の果物専門店です。新鮮なパイナップルやイチゴ、マスクメロンなどが入った『フルーツサンド』が絶品の美味しさです。 どのグルメも人気店なのでは予約をしてから行ってみてくださいね。